【ベトナム/Vietnam】不本意ながらカンボジア横断バイク旅スタート。ベトナムバイクで国境越え!

【ベトナム/Vietnam】不本意ながらカンボジア横断バイク旅スタート。ベトナムバイクで国境越え!

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはカンボジアシェムリアップです。

シェムリアップには1週間ほど滞在する予定なので、

久し振りに観光をお休みして

のんびりパソコン作業などを行っています。

 

 

さて、本日のブログは国境越えです。

ベトナム縦断バイク旅を五体満足で終えた私は、

ホーチミンでのバイク売却の夢が叶わず、

不本意ながら、カンボジア横断バイク旅を始めることになりました。

ベトナム-カンボジア間の国境をベトナムナンバーのバイクで無事越えられたのか?

よろしければどうぞお付き合いください。

 

2018.2.4

ベトナム/Vietnam 10,000ベトナムドン(VND)≒48~49円

カンボジア/Cambodia 1アメリカドル(USD)≒4000カンボジアリエル(KHR)≒109~110円

ホーチミンから国境までのカオスな交通事情

ベトナム南部で起こった様々な出来事により

一刻も早くベトナムを出たくなっていた私は、

眠い目をこすりながらも、何とか早起きしました。

 

ベトナム最後の食事は宿の朝食。

卵焼き入りのインスタントラーメンです。

 

前日に洗車できなかったため、

泥と粉塵にまみれたバイクで出発することとなりました。

 

朝のホーチミン市内の交通はまあカオスでして、

大量の車やバイクに混ざりながら、のろのろ移動しました。

 

ホーチミン以北ではほとんど見なかった信号も、

なぜかこの道だけは日本並みに数が多くてペースダウンに拍車がかかります。

 

他にも

国道(しかもAH1)の片側2車線のうち1車線をふさいで結婚式をやっていたり、

バイク専用車線に車が突っ込んできたり、もうやりたい放題です

 

クラクションの鳴らし方もなんだか攻撃的だし、

“はやく国境つけー・・・”とブツブツ言いながら運転してました。

 

遠くに見えるのがモクバイ-バベット国境です。

 

ホーチミンから

ベトナム側の国境であるモクバイまでは80km弱なのですが、

結局国境に着いたのは11時を過ぎたころになりました。

 

もうこの時点でヘトヘトでしたが、

ここから更にバイクでの国境越えです。

バイクでの国境越え

ベトナム側のイミグレーションです。

他のバイクと同じ場所に適当にバイクを置き、

全ての荷物を持って建物に入りました。

 

あ、イミグレ周辺は走行禁止なので、

周りの雰囲気を見ながらバイクを押しましょう。

 

さて、建物に入ると、

噂に聞いていた通り、胡散臭いベトナム人が話しかけてきます。

 

口々に、

 

パスポートを見せろ。俺に任せろ。

5ドル挟まないと出国できないぞ。

 

とか抜かしやがります。

 

ここで一言言わせてください。

 

ベトナム人うぜええええええ!!!!!!

 

“こんな国二度とくるか!”と思いつつ、

これ以上ベトナムにお金を落とすつもりは一切無かったので、

無視してイミグレーションの列に並びました。

 

このとき、

イミグレーションのカウンターは3つ開いていたのですが、

普通のイミグレってカウンターの上に、

“Vietnamese”とか”ASEAN”とか”Foreign Passport”とか書かれてるじゃないですか。

 

一切無いんですよね。ベトナム語オンリー。

 

“どんな国やねん・・・”とか思いつつ、

とりあえず外国人が並んでいた左端のカウンターに並びます。

 

出国審査官にパスポートを渡すと、

直ぐに突き返されて、“あっちへ行け”と言われます。

 

はいはいっと

今度は真ん中のカウンターに並びますが、

ここでも“あっちへ行け”と言われて、

結局右端のカウンターが正解だったみたいです。わかるかボケ。

 

右端のカウンターに並んで、

順番がきたらパスポートを渡して、すんなり出国できました。

賄賂なんて必要ないです。皆さん騙されたらいけませんよ。

 

あ、このとき、

ちょうど後ろに並んでいた日本人のおじさんと仲良くなり、

国境を越えるまで、そしてプノンペンに到着してからも少し一緒に行動しました。

その後、この人との関係に頭を悩ませるとも知らずに・・・。

 

さて、ベトナム側のイミグレを抜けた私は、

本来ならカンボジア側のイミグレへ向かうのですが、

ベトナム側にバイクを置いたままです。

 

イミグレの建物を出て、

バイクを移動させるべくベトナム側へ戻る方向に歩こうとすると

すぐに係員に静止されるので、バイクの鍵を見せて、

 

Motorbike.

 

と言うと、すんなり通してくれましたよ。ほっ。

 

バイクを取ってイミグレの建物の横を通ろうとすると、

またまた係員に止められるので、

パスポートの出国印を見せれば通してくれます。

 

これにてベトナムの出国は完了。

この時点でかなり疲れていて、

一刻も早くプノンペンへ行きたいと思っていました。

 

 

続いてはカンボジア側のイミグレです。

 

イミグレの建物横にVISAと書かれた事務所があるので、

まずはここでビザ申請用紙をもらって記入します。

 

全て記入し、パスポート・証明写真と一緒に提出すると、

ビザ申請代金を支払うように言われます。

 

観光ビザ(30日間有効)の代金は30ドルなのですが、

このときベトナムドンしか持っていなかったので、

“ベトナムドンで払いたいんだけど・・・”と伝えます。

 

すると提示された額は、850,000VND(≒37USD)

 

“あれ、高くね?”と思ったけど、

もうなんか色々と疲れ過ぎていて、確認する元気も勇気もなくて、

黙って支払ってしまいました。ダメですね・・・。

 

ビザ取得後は、イミグレの建物に入って入国です。

両手の全指の指紋を取られるくらいで、特に質問はなし。

 

無事に入国を果たしたあとは、

またイミグレの建物の横を逆走してバイクを取りにいきます。

ベトナム側と同様にパスポートを見せればすんなり通してくれました。

カンボジアバイク旅。プノンペンへ。

無事にカンボジアへの国境越えを果たしました!第4カ国目!

 

ちなみにバイクはノーチェックで、

数は少ないですが、カンボジアでもベトナムナンバーは良く見かけます。

 

国境で知り合った日本人とプノンペンでの再会を約束し、

プノンペンへの約170kmの走行へ入りました。

 

カンボジア側の道路は噂に聞いていたとおり状態が悪く、

路肩はガタガタだし、砂埃はひどいしで、中々過酷でした。

 

国境を越えてすぐに

ベトナムドンをUSドルに両替しようと思っていたのですが、

少し走るうちにすぐに田舎道に入ってしまい、両替しそびれます。

 

まあATMくらいあるっしょ

 

と軽い気持ちで走り続けますが、

10km走っても20km走ってもATMどころか町が無く、

ベトナムドン以外を持っていなかった私は焦り始めます。

 

幸い、国境を越える前に給油はしていたので

燃料メータ上はまだまだ余裕がありましたが、

カンボジアにくるのは初めてだし、危機感が高まります。

 

50kmほど走ったところでようやくATMを発見。

ほっとしてUSドルをキャッシングしようとしたところ、

手数料5.5USDの表示。

 

うわー・・・高すぎる・・・。

 

そう思ったものの、

他のATMを探しているうちにガス欠になる可能性もあったため、

泣く泣く、5.5USDの手数料を支払って350USDを引き出しました。とほほ。

ちなみに内訳は100ドル札x3、20ドル札x2、10ドル札x1でした・・・。

 

そして更に更に!

その後給油したガソリンスタンドではぼったくられました

お金を引き出した後の最初の支払いでぼったくられるってどんな国だよ・・・。

 

ちなみにカンボジアのガソリン価格は1Lがおおよそ1USDで、

私のバイクの場合、満タン給油で2USD~2.5USDくらいですが、

このガソリンスタンドの請求は4USDでした。ありえない。

 

ただ、入国2時間で喧嘩する気にもなれず、

10USD札で支払ったところ、お釣りがリエルで返ってきて、

あとで数えたら6.5USD相当でした。もうめちゃくちゃ。

 

 

プノンペンに近づくにつれて車もバイクも多くなるし、

服も靴は一気にドロドロだし、

“もう嫌だー!”と叫びそうになったころにようやく到着しました。

最終的にホーチミンからの所要時間は8時間でした。

 

ちなみに、ベトナムへ入国するために予約していた

ホーチミン→プノンペンのバス代12USDは無駄になってます。

 

国境での謎の支払いといい、

ガソリンスタンドでのぼったくりといい、

カンボジアは普通にお金を使うのが難しい国のようです。

 

宿にチェックインした後は、

国境で出会った日本人と再会して一緒に外出。

 

食事を取って、

その後は飲みに連れていってくれました。

 

疲れていたので早く寝たかったんですけど、

この方、年齢を聞くと69歳ということと、

親切心で案内してくれているところを邪険にもできず、

結局23時頃まで連れまわされて宿に戻りました。

 

 

本日はここまで。それでは。