世界各国のビザ情報 (アジア編)

世界各国のビザ情報 (アジア編)

こんにちは、タナカです。

 

本日から数回に分けて、

世界各国のビザ情報についてお話ししたいと思います。

 


ここから先の情報は、

外務省の海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html)から

得られる情報を元にしています。

必ず投稿日を確認していただくことは勿論、

実際に渡航される際は、各国の大使館に最新の情報を確認するようにしてください。


 

初回はアジア

タナカは西回りで世界一周する予定なので、最初に訪れるエリアとなります。

 

日本人であれば、

短期間の滞在に限りビザが免除される国がほとんどです。

ビザの取得は手間も費用もかかりますので、

なるべく免除期間内の滞在で済ませるように心掛けたいと思っています。

 

中東・アフリカ編はこちら。

https://tanaka-mawaru.com/visa-mideast-africa

ヨーロッパ・北部アメリカ編はこちら。

https://tanaka-mawaru.com/visa-europe-north-america

ラテンアメリカ・オセアニア編はこちら。

https://tanaka-mawaru.com/visa-latin-america-oceania

 

東アジア

東アジアとは、

ユーラシア大陸の東側に位置するアジア地域のことを指します。

構成する国々は、日本・中国・韓国・北朝鮮・台湾などです。

 

タナカが訪問する予定の国のうち、注意すべきなのは中国くらいかなと。

その他の国は、あっさり紹介していきます。

中華人民共和国(中国) / China

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:入国日含めて15日以内

ビザの取得方法:日本や第三国の中国大使館等で事前に取得する

観光ビザで滞在できる期間:入国日含めて30日以内

 

中国はビザ無しでの入国が可能です。その場合の滞在期間は15日間。

タナカは深圳から入国して、成都へ移動し、

(可能であれば)東チベットを観光してから、ベトナムへ抜ける予定なので、

15日間では正直不安。ていうか絶対足りない。

 

入国後のビザ取得(滞在期間延長)は原則不可とのこと。

でも、タナカは入国後のビザ取得にチャレンジしたいと思います。面白そうだし。

比較的最近の情報で「取得できた」というのがあるので、大丈夫かなっと。

香港 / Hong Kong

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:3カ月以内

ビザの取得方法:日本の中国大使館や総領事館等で事前に取得する

観光ビザで滞在できる期間:記載なし

マカオ(澳門) / Macau

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:90日以内

ビザの取得方法:記載なし

観光ビザで滞在できる期間:記載なし

 

東南アジア

東南アジアとは、

中国の南、インドの東に位置するアジア地域のことを指します。

構成する国々は、マレーシア・タイ・ベトナム・インドネシアなどです。

 

ほとんどの国でビザ無しの滞在が可能です。

注意点がある国以外は、簡単に紹介していきたいと思います。

マレーシア / Malaysia

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:3カ月以内

ビザの取得方法:記載なし

観光ビザで滞在できる期間:記載なし

シンガポール共和国 / Singapore

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:3カ月以内(注意点あり)

ビザの取得方法:記載なし

観光ビザで滞在できる期間:記載なし

 

シンガポールのビザ無し滞在期間は3カ月。

注意点として、入国時に14~30日間の滞在許可印が押されるので、

この期間を超えて滞在する場合は、移民局にて延長申請を行う必要があります。(オンライン申請可)

この申請を怠った場合は、不法滞在となり、罰金の対象となります。

タイ王国 / Thai

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:30日以内(条件あり)

ビザの取得方法:日本やタイ周辺国にあるタイ大使館・領事館で取得する

観光ビザで滞在できる期間:60日以内

 

ビザ無しでの入国が認められるのは、

十分な滞在資金と、タイから出国する航空券を所持していることが条件のようです。

また、外務省ホームページには記載がありませんが、

陸路で入国する場合は15日間の滞在許可となるようです。

 

タナカは1カ月かけて狂犬病の予防接種を受けなければならないので、

15日間の滞在許可になった場合は、期限ぎりぎりに一度周辺国へ出国するつもりです。

 

ベトナム社会主義共和国 / Viet Nam

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:15日以内(条件あり/延長可)

ビザの取得方法:ベトナム大使館で取得する

観光ビザで滞在できる期間:1カ月あるいは3カ月以内

 

ビザ無し滞在は、観光を目的とした滞在であり、

日本または第三国への航空券を所持している場合にのみ認められるようです。

 

また、国際旅行業の営業許可を有するベトナムの旅行会社の保証があれば、

一定の条件の下で、15日以内の延長が1回だけ認められるようです。

カンボジア王国 / Cambodia

ビザ免除:なし

ビザ免除で滞在できる期間:ー

ビザの取得方法:日本および周辺国のカンボジア大使館等で取得する

観光ビザで滞在できる期間:30日以内

 

カンボジアはビザの取得が必須となります。

タナカはベトナムから陸路で入国する予定なので、

ベトナムで何とかして取得するつもりです。

ラオス人民民主共和国 / Lao People’s Democratic Republic

ビザ免除:あり

ビザ免除で滞在できる期間:15日以内

ビザの取得方法:日本および第三国のラオス大使館および定められた入国ポイントで取得する

観光ビザで滞在できる期間:30日以内

ミャンマー連邦 / Myanmar

ビザ免除:なし

ビザ免除で滞在できる期間:ー

ビザの取得方法:事前にインターネットで申請し空港で発給される

        あるいは、ミャンマー大使館で事前に取得する

観光ビザで滞在できる期間:28日以内

 

南アジア

南アジアとは、

アジア南部の地域のことを指します。

構成する国々は、インド・スリランカ・ネパール・バングラデシュなどです。

 

東アジアや東南アジアと比べると、ビザが必要な国が多いです。

特にインドのビザ取得は面倒だという噂を聞くので、心してかかりたいと思います。

インド / India

ビザ免除:なし

ビザ免除で滞在できる期間:ー

ビザの取得方法:空港到着時にアライバルビザを取得する

        あるいは日本および第三国のインド大使館で事前に取得する

観光ビザで滞在できる期間:アライバルビザの場合は30日以内

             観光ビザの場合は発行から6カ月以内

 

インドはビザ無し滞在は認められていません。

入国する場合は、空港到着時にアライバルビザを取得するか、

事前に観光ビザを取得しておく必要があります。

 

タナカは日本で事前に取得していきます。

理由は以下の通りです。

  • 有効期限が発行してから6カ月間ある(アライバルビザは30日以内)
  • ビザ有効期間内であれば何回でも入出国が可能(アライバルビザは1回のみ)
  • 現地に着いてからビザの発行でもめたくない(インド怖い)

スリランカ民主社会主義共和国 / Sri Lanka

ビザ免除:なし

ビザ免除で滞在できる期間:ー

ビザの取得方法:オンライン申請、その他

観光ビザで滞在できる期間:30日以内

ネパール連邦民主共和国 / Nepal

ビザ免除:なし

ビザ免除で滞在できる期間:ー

ビザの取得方法:各国のネパール大使館・総領事館および空港や陸路国境で取得する

観光ビザで滞在できる期間:15、30日、90日以内(申請時に決める)

アジアはビザ不要な国がほとんど

思ったより長くなりましたが、アジア編終了です。

 

アジアの国々は、日本人であればビザ無しで滞在できる国がほとんどです。

また、ビザが必要だとしても取得に苦労する国はごく一部のようです。

 

次回は中東・アフリカ編を予定しています。

いろいろと複雑な地域になりますので、気合を入れて情報を集めたいと思います。

 

それでは。