2017
20
May

WordPressとFacebookページを連携させる方法

皆さん、こんにちは。タナカです。

本日も、世界一周準備の話はひとまず置いておいて、

“WordPressとFacebookページを連携させる方法”についてお話ししたいと思います。

Facebookページの作成についてはこちら。

Facebookページを開設してみた
こんにちは。タナカです。 世界一周へ出発するまでの数カ月間、 準備に関する記事ばかりではすぐにネタが尽きてしまうので、 ...

このブログはWordPressで作成しています

まず大前提として、

当ブログはWordPressを使ってタナカが作成しております。

WordPressの公式ページ(https://ja.wordpress.org/)には

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

と書かれてありますが、はじめての人には難しいですね。

とりあえずは、はてなブログやAmebaブログと同じように、

ブログを作成するための方法の1つだと思ってもらえれば十分です。

そして、今日の記事はタイトルにありますように、

WordPressで作成したサイトFacebookページを連携させる方法になります。

WordPress以外で作成されているサイトにつきましては

それぞれ異なった連携方法があるかと思いますので、ご注意くださいませ。

WordPress.comのアカウントを作成する

後述するプラグイン”Jetpack”を使用するためには、

WordPress.comのアカウントが必要となります。

ですので、まず最初にWordPress.comのアカウントを作成します。

WordPress.com(日本語版)のページにアクセスしてください。

WordPress.com に登録すれば、無料のサイトやブログを簡単に作成できます。カスタマイズ可能な何百ものモバイル対応デザインやテーマを利用でき、ホスティングとサポートも無料です。

このようなページが表示されますので、右上の“始めてみよう”をクリックします。

ここからアカウントができあがるまでは簡単5Stepです。

  1. サイトレイアウトを決める
  2. テーマを決める
  3. サイトアドレスを決める
  4. 料金プランを決める
  5. ユーザー名とパスワードを決める

この中で大切なのは4と5だけ。1~3は何でも良いです。

というのも、

WordPress.comは無料でWordPressのサイトを公開できるサービスなので、

1~3の情報を入力する必要があるのですが、今回はSNSとの連携機能だけを使用するので、

WordPress.comで作成されるサイトの情報は何でも良いのです。

サイトレイアウトを決める

トップページから右上の“始めてみよう”をクリックすると以下の画面になります。

先ほど言ったとおり、ここで入力する情報は何でも良いので適当に決めてしまいます。

テーマを決める

ここも何でも良いので適当に決めちゃいましょう。

サイトアドレスを決める

公開されないサイトのアドレスなので何でも良いです。

適当なキーワードを入力して、無料で割り当てられるアドレスを選択しましょう。

料金プランを決める

WordPress.comには無料のプランと有料のプランがあります。

今回はアカウントを作成したいだけなので、迷わず無料プランを選択します。

ユーザー名とパスワードを決める

最後に、

  1. メールアドレス
  2. ユーザー名
  3. パスワード

を入力して“アカウントを作成”をクリックすれば、

WordPress.comのアカウント作成は完了です。

JetpackをインストールしてFacebookと連携する

WordPressで作成したサイトをSNSへ連携させるために、

“Jetpack by WordPress.com(以下Jetpack)”というプラグインを使用します。

その名の通りWordPress.com公式のプラグインで、

先ほど作成したWordPress.comのアカウントと関連付けることで、

様々な機能を使用することができます。

今回タナカがやりたかったFacebookへの自動投稿もその1つです。

ここからは、JetpackをインストールしてFacebookと連携するまでの手順を説明します。

Jetpackをインストールする

WordPressの管理画面からプラグインの新規追加画面に飛びます。

“Jetpack”で検索をかけると出てきますので、インストールして有効化します。

JetpackとWordPress.comのアカウントを関連付ける

Jetpackをインストールして有効化すると、

管理画面の左メニューに”Jetpack”が追加されますので、それをクリックします。

すると以下の画面が表示されますので、“WordPress.comと連携”をクリックします。

既にWordPress.comにログインしているブラウザからアクセスした場合、

このような画面が表示されますので、自分のアカウントであることを確認して、

“承認する”をクリックしてください。

以上でJetpackとWordPress.comの連携は完了です。

いよいよFacebookと連携させる

長々とお送りしてきましたがこれで最後。いよいよFacebookと連携させます。

管理画面の左メニューから

“Jetpack”→”設定”→”Sharing”→”ソーシャルメディアアカウントを接続する”

と順にクリックしていきます。

このような画面が表示されます。

今回はFacebookと連携させるので、Facebookの横にある“連携”ボタンをクリック。

Facebookへサインインしていない場合は、ここでサインインします。

その後、投稿の公開範囲などを聞かれますので、適宜設定してください。

サインインすると、以下の画面が表示されます。

個人アカウントとFacebookページが選択できるので、Facebookページを選択します。

少し待って以下の画面が表示されれば、Facebookとの連携は完了です。

実際に投稿してみる

ようやく設定が終わりましたので、

実際にWordPressから記事を投稿して、Facebookページに表示されるか確認しました。

設定が無事に済んでいれば、

WordPressの投稿画面に以下のような部分が追加されているはずです。

Facebookに投稿するときのメッセージを記入して、あとは普通に記事を公開するだけ。

無事にFacebookに更新情報が表示されました!

Facebookとの連携は簡単にできる

2日に分けてお送りしてきた、

ブログ(WordPress)とFacebookページを連携させる方法ですが、

以外と簡単にできるってことがお分かりいただけたかと思います。

世界一周へ旅立ったあとはこういう作業はできないと思うので、

日本にいるうちにいろいろ工夫して、

少しでも多くの方に記事を読んでいただけるようにしていきたいと思います。

2回に渡って世界一周に関係の無いお話しをしてきましたが、

次回は、世界一周準備についてお話ししたいと思います。

それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)