【ザンビア/Zambia】今日もアフリカは平常運転。ルサカからリビングストンへの移動!

34.ザンビア/Zambia
sdr
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはボツワナカサネです。

チョベ国立公園でのサファリを満喫したので

本日は次の町、マウンへと移動したいと思います。

どうか何も起こりませんように。

 

本日のブログは移動です。

首都のルサカからリビングストンへ、

予定では7時間、500km弱の大移動です。

今日もアフリカは平常運転です。

そして私の怒りもいつも通りです。

よろしければお付き合いください!

 

2018.9.11 ザンビア/Zambia 1ザンビアクワチャ(ZMW)≒10,69~11.45円

情報コーナー

ルサカからリビングストン

■移動手段

バス(会社名:Power Tools Logistics)

■料金

160クワチャ

3社ほど回ってどこも同じ値段だった

■出発時刻

10:30

始発は朝6時でほぼ毎時間どこかの会社が運行している

■所要時間

8時間

■バス乗り場

ルサカのInter-City Bus Terminal

■バス降り場

リビングストンのバスターミナル

■その他

ルサカのバスターミナルの車両入場口から入って

すぐ左後方のバス会社(会社名は失念)は絶対使ってはいけない

予約管理ができていないために席数が足りず、

勝手に他のバス会社のチケットに変更されて予定が崩れた。

リビングストンの安宿

■宿の名前

Fawlty Towers

■料金

ドミトリー 1泊 80クワチャ(8ドル)

時期によって料金が変わる。80クワチャは閑散期料金。

■場所

バスターミナルから徒歩20分

■設備

フリーWi-Fi(アクセスポイント2つ)

ホットシャワー

敷地内バー

朝から夕方までフリーコーヒー&紅茶

毎日15時にフリーおやつ

毎朝10時にヴィクトリアフォールズまで無料シャトル(行きのみ)

適当なこと言ってんじゃねえ!

朝5時に起きました。

本日はルサカからリビングストンへ移動します。

あのヴィクトリアフォールズがある町ですね。

バスの出発時間は7時なのですが、

テントの撤収作業が必要なので余裕を持って起床。

 

というわけで真っ暗なで肌寒い中撤収作業。

テントの中に入った草なんかを取り除き、

底面についた泥をトイレットペーパーで拭きながら畳みます。

所要時間20分ほどでしょうか。もう少し早くできると良いですね。

 

明るくなったところで宿を出発。

バスターミナルまでは約2km。

明るい時間であれば危険な雰囲気はありませんでした。

 

バスターミナルへ到着。

 

前日にチケットを買ったバス会社へ行くと、

“そこに座って待っていろ”とのこと。

 

バスに乗るのを大人しく待っていた私ですが、

出発30分前になっても10分前になってもバスは来ず、

ついに出発予定時間の7時になりました。

 

タナカ:もう7時なんだけど、いつバスに乗れるの?

スタッフ:いいからもう少し待ってろ。

タナカ:いや、もう待たない。どうなってるんだ?

 

そして明らかに不機嫌になるスタッフ

 

”ついてこい”と言われて連れていかれた先は別のバス会社

私のチケットを持って先頭に割り込んだ男は、

そのバス会社のチケットと私のチケットを入れ替えます。

 

スタッフ:これが新しいチケットだ。

タナカ:いや待てよ。これ出発時間が9:30になってるけど。

スタッフ:大丈夫だ。このバスに乗ればすぐに出発する。

 

そう言われるがままに目の前のバスに乗ろうとしたら

案の定、“次のバスまで待て”と言われます。そりゃそうですよね。

 

そしてその隙に逃げようとしたスタッフの肩を掴んだ私。

 

タナカ:待てよ。俺は7時のバスを予約したんだ。

    なんで今から2時間も待たないといけないんだ。

スタッフ:このチケットですぐに出発できるから大丈夫だ。

タナカ:だったらお前が説明しろ!

 

悪いのは自分なのに

大層面倒くさそうな態度で明らかな嘘をつく男に、

私、久々にブチ切れちゃいました

 

そしてやっぱり9時半まで出発できないようなので、

そのままスタッフの男をオフィスまで連れていく私。

 

タナカ:どうして嘘をつくんだ。今すぐ返金しろ。

別のスタッフ:返金してどうするんだ。

タナカ:別の会社のバスに乗る。明日に移動するかもしれない。

別のスタッフ:明日か?だったらチケットを変え・・・

タナカ:お前らのバスは使わない!さっさと返金しろ!

 

ブチ切れ再び。そりゃそうでしょ。

理由も説明せずに勝手に別会社のチケットと入れ替えた上に、

嘘を教えて放置しようとしたクソバス会社ですからね。

会社名を控えておかなかったことが悔やまれます。

 

そして無事に返金させた後に自力でバスを探したのですが、

結局購入できたのは10:30発のバスチケットでした。

結果的に余計に待つことになってしまいました。

やっぱり当日の購入は厳しいみたいです。

だから前日に買いにきたんですけどね。本当に腹立たしい。

 

予想外に時間ができたので

バスターミナルのすぐ前にあったハングリーライオンへ。

ザンビアから見かけるようになったファストフードチェーンです。

 

チキン2本とポテト、ドリンクで30クワチャくらいです。

チキンの味付けがめちゃくちゃ濃くて、個人的には好きです。

 

席に電源があったので、スマホを充電しました。

テントサイトには電源が無かったので電池がピンチだったのです。

 

そしてバスの出発時間まで少し作業を。

 

去り際に買ったソフトクリーム。4クワチャ。

店舗によって味が違うとTwitterで教えていただいたので、

リビングストンでも食べてみたいと思います。

2+3列シートバスの悪夢再び

時間になったのでバスターミナルに戻ってきました。

バス会社はPower Tools

ナコンデからルサカに来るときにも使ったバス会社で、

そこそこ良い車両を使っていたので信用していていたのですが、

 

まさかの2+3列シート。

まさかの2+3列シート。

まさかの2+3列シート。

 

ここは何ですか。タンザニアなんですかね。

カハマからモシへの地獄の移動が思い出されます。

ザンビアにも2+3列シートのバスってあるんですね。死にたい。

 

そしてまた道路がひどい。

 

ルサカから100km進むのに2時間以上かかりました。

原因は道路工事です。

約100kmに渡って断続的に工事区間があり、

その度に道路脇の未舗装路に入るのでバスが全く進みません。

何が腹立つって、その工事区間のほとんどで工事していないんですよね。

通行止めにしてるだけで作業はしていないんです。

工事区間だからといって工事しているとは限らないってやつですね。

何やってんだザンビア。

 

そしてバスが全く進んでいないにも関わらず休憩タイム。

皆さん降りるんですよ。いやトイレとかなら仕方ないですけど、

もうちょっと協力して早く目的地に着けるように頑張りませんか。

 

あとは音楽を聞きながらひたすら窓の外を眺めます。

途中の町で乗客が減り、2人シートを1人で使えるようになりました。

またタンザニアで乗ったバスに比べると

足元が段違いに広かったので、そこまで辛くはなかったです。

 

そして沈みゆく太陽。

リビングストンに着いたのは日が暮れてから。

 

日が昇る前に動き始めたのに、

移動しただけで1日が終わってしまいました。

 

どうしてこうなるんですかね。

 

今日もアフリカは平常運転です。

ザンビーフとザンビールでザンビアンナイト

宿のすぐ前にあるスーパーへやってきました。

 

買ってきたのは牛肉ステーキです。

あとはどこからどう見ても不味そうなスパゲティ

 

何でもザンビアは牛肉が安くて美味しいらしく、

ザンビーフというブランド牛(高くはない)があるんだとか。

この牛肉はザンビーフではありませんが、

まあザンビアで買った牛肉なのでザンビーフということにしたいと思います。

 

 

そしてザンビーフのステーキができあがりました。

 

奥にあるのは輸入ビール(ザンビアのビールは売り切れ)ですが、

ザンビアで買ったビールなのでザンビールということにしておきましょう。

 

というわけでザンビーフザンビールによる

ザンビアンナイトが出来上がったのでした。

 

これが言いたかっただけです。

 

明日は少しゆっくりします。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

34.ザンビア/Zambia
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント