【ザンビア/Zambia】リビングストンの最強安宿!FAWLTY TOWERSを紹介してみよう!

【ザンビア/Zambia】リビングストンの最強安宿!FAWLTY TOWERSを紹介してみよう!

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはボツワナハンツィです。

本日はこれからナミビアウィントフックへ移動します。

この区間はダイレクトの移動手段がないのと

ウィントフックの治安がめちゃくちゃ悪いので

何事もなく宿まで移動できるかとっても不安です。

 

本日のブログは宿紹介。

普段は宿紹介なんて滅多にしない私が

どうして今日に限ってするのかというと、

この日、何もしていないんですよね。

宿の居心地が良かったせいです。言い訳。

というわけでそんな素晴らしい宿を紹介したいと思います。

よろしければお付き合いください!

 

2018.9.14 ザンビア/Zambia 1ザンビアクワチャ(ZMW)≒10,69~11.45円

何もしていない1日

朝ごはん。

インスタントヌードルwith野菜とヨーグルトです。

 

お昼ご飯。インスタントヌードルwith野菜。朝と一緒。

 

晩ごはん。ポークステーキです。

 

以上、日記終わり。

 

“なんで食べ物の写真しかないのか”ですって?

 

それはもちろん、何もしてないからですよ。

 

ちょっと休んでたんです。ごめんなさいね。

 

とはいいつつこれで今日のブログを終わらせるのも忍びないので、

私が滞在していた最強の安宿を写真と共にご紹介したいと思います。

リビングストンの最強宿・FAWLTY TOWERS

基本情報

■宿の名前

FAWLTY TOWERS

■料金

6人ドミトリー1泊:8ドル(or当日レートでのクワチャ)

上記はオフシーズン料金。ハイシーズンは12ドル。

ドミトリー以外は個室があり。キャンプサイトは無し。

■場所

リビングストンのバスターミナルから徒歩20分。

リビングストンの中心部:徒歩15分

カズングラ行き乗合タクシー乗り場:徒歩15分

最寄りのスーパー(Shoprite):徒歩1分

ヴィクトリアフォールズ:車で20分

■Wi-Fi

無料で使用可能。

アクセスポイントが2つあり、敷地内ほぼ全域をカバー。

人が多い時間帯を除けば概ね快適。ブログも快適に書けた。

外観

外観。リビングストンを南北に走る大きな道路沿いです。

すぐ隣には両替所があり、

道路を挟んで向かい側には大型スーパーのShopriteがあります。

 

門をくぐると正面にバーエリアとレセプションがあります。

左の建物にはツアー代理店とドミトリーが。

正面建物の奥に広大な共有スペースが広がっています。

部屋の写真

6人ドミトリー。男女混合です。

部屋数は確認していませんが複数ありました。

シーツや寝具はもちろん清潔。パンツ一丁でOKです。

蚊帳付き。電源は部屋の中央にタップがあります。

自分の鍵を使用するセキュリティーボックスもありました。

 

トイレは2つ。毎日数回清掃されていてとても清潔。

トイレットペーパーもストックがたくさんありました。

 

シャワールームは2つ。

ヘッドが固定式なのは残念ですが、

熱いくらいのホットシャワーが出ました。

水はけは少し悪いですがアフリカでは気にならないレベル。

 

ドミトリーが主に入る建物の裏口。

共有スペース

ドミトリーの前には広い共有スペースがありました。

こっちはテーブル。インテリアがシックでおしゃれ。

 

こっちはソファ。

ソファの近くには電源タップがあって作業が捗りました。

PC作業をしているとたまに猫が遊びにきてくれます。

 

レセプション横のバーエリア。

飲み物を注文しなくても自由に使用して問題ありません。

毎日朝から夕方までフリー紅茶とコーヒーが飲めます。

また15時には無料のおやつサービスも。(私は1度も食べず)

私は食べてませんが、朝食が3ドルで食べることができ、

見た感じはバイキング形式で美味しそうでした。

 

バーエリア横のプールエリア。

安宿のプールにしては水が綺麗だと思いました。

もちろん私は入っていません。寒いもん。

 

敷地は広くて緑が多いです。蚊も多いので虫除け必須。

 

綺麗な芝生がありますが、テント泊はできません。

オフシーズンであればドミトリーが安いので必要ありませんね。

 

客室裏の物干しエリア。日当たり良好です。

FAWLTY TOWERSではスタッフに言うとタライが借りられるので、

私はそれを使って衣類の他にバックパックも洗ったりしました。

 

バーベキューコンロも自由に使えます。

炭は宿のすぐ前のShopriteで購入できます。

バーベキューコンロの向こうにはキャンプファイヤーがあり、

毎日夜になると燃やされていました。良い雰囲気。

キッチン

中庭の奥の方に共同キッチンがあります。

調理スペースは広くて使いやすく、

以前の宿泊者が残していった調味料もたくさんありました。

コンロは電熱式のものが4口でした。

他にケトル、トースター、電子レンジがありました。

ここも1日に2回ほどスタッフが見回りしているようで、

洗い終わった食器が放置されることもなく、清潔でした。

 

キッチンには大きな冷蔵庫が2つあります。

もちろん冷凍庫も自由に使えます。

私はShopriteで氷(2kgで100円しない)を購入しておき、

コーラやレモンサワーをキンキンの状態で飲んでいました。

宿の敷地内にはたくさんの猫がいました。

 

この子とは少し仲良くなりました。

 

ご飯を食べていると寄ってくるので、

猫好きな人には良いと思います。(餌やりは一応禁止)

まとめ:FAWLTY TOWERSは良い宿

以上、ざっくり簡単ではございますが、

リビングストンのFAWLTY TOWERSについて紹介しました。

 

今までたくさんの安宿に泊まってきましたが、

その中でも最高クラスに快適な宿です。

もちろんアフリカ以外の世界中の安宿の中でです。

 

リビングストンにお越しの際にはぜひ泊まってみてください。

 

本日はここまで。それでは。